幻想の系譜
幻想の系譜
『幻想の系譜』とは

妖怪の賢者、八雲紫が運命的な出会いを経て、成長していく物語と、
想いを重ねた少女たちと共に、幻想の世界を駆け抜けていく
戦略的ロールプレイングシミュレーションゲームです。
カジュアルモードとクラシックモード


このゲームには、ゲームスタート時にモードを選択することができます。

カジュアルモード
 戦闘中にHPが0になってもユニットは死亡せず、一端戦線から離脱します。
 離脱したユニットは次の章から、再び戦うことができます。
 物語をじっくりと楽しみたい方、この手のゲームに慣れていない方にオススメのモードです。
幻想の系譜
クラシックモード
  戦闘中にHPが0になったユニットは死んでしまいます。
 死んだ仲間は二度と生き返りません。
 高い難易度に挑戦したい方、腕に自信のある方にオススメのモードです。
幻想の系譜
『弾』の三すくみ


幻想の系譜

幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜

このゲームのユニットが使用する武器、『弾』
弾には種類によってそれぞれ相性があり、

追尾弾は、大型弾に強く、高速弾に弱い
高速弾は、追尾弾に強く、大型弾に弱い
大型弾は、高速弾に強く、追尾弾に弱い


この『弾』同士の相性を、弾の三すくみと呼びます。
敵が所持している弾の種類をきちんと把握し、有利な弾で戦いを挑むことが勝利に繋がります。
スキル


幻想の系譜

幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜

ユニットには、そのユニットの個性を活かしたスキルが設定されています。

八雲 紫の場合

スキマ移動
 地形や敵を無視し、移動することができます。

西行寺 幽々子の場合

幽霊
 物理攻撃をかなり軽減します。

登場するスキルは50種類以上。
これらのスキルを有効に扱うことで、より有利に戦闘を行うことが出来ます。
共鳴


幻想の系譜

幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜

仲間たちはお互いに助け合うことで、より大きな力を発揮します。
二人の仲間をペアにして、一つのユニットのように扱うことが出来る、『共鳴』

『共鳴』は、他の仲間の後衛として同行し、前衛の仲間の能力を上昇させます。
上昇する能力は仲間の能力によって異なります。

後衛は敵から攻撃を受けない為、弱った仲間を元気な仲間へ共鳴させ、安全を確保したり、
機動力の高いユニットに共鳴し、高い機動力を発揮した後、「交代」。
共鳴したユニットを前衛に交代し攻撃をしかけたりと、戦略の幅が広がります。

三位一体


幻想の系譜

幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜

三人で行う共鳴、それが『三位一体』。
より高い信頼関係にあるユニット同士でないと行えません。

三位一体は、前衛に一人、後衛に二人配置し、前衛の仲間の能力を大きく上昇させます
上昇する能力値は、共鳴の比ではありません。

固定共鳴・固定三位一体


幻想の系譜

幻想の系譜 幻想の系譜 幻想の系譜

物語が進むにつれて増えて行く仲間たち。
時には戦闘に参加することができないユニットがでてきます。

固定共鳴・固定三位一体は、戦闘中に行っていた共鳴、三位一体を出撃前に行う事で、
戦場へ出撃するユニット数を減らすことができます。

出撃したユニットは、降ろす、人交換が行えないなどの制約はありますが、
このシステムを使うことにより、ほぼ全てのメンバーを常に出撃させることが出来ます。
また通常の共鳴より能力値が上昇します。